苦労のない穴

Rewriteされたブログ

M-1の上沼恵美子を擁護し、とろサーモン久保田とスーマラ武智を叩く人

M-1グランプリにおいて審査員を務めた上沼恵美子さんの審査が主観が過ぎるとネット上で話題になってた。

 

特にギャロップに対し「自虐はウケない」と言っておきながら、自身の容姿を自虐しまくったミキを高評価しており、その矛盾で「審査員を辞めろ」といった感想が飛び交った(実際に辞めた)。

 

一部の擁護派は「ギャロップの自虐は笑えないがミキのは笑えると言いたかったんだ」と擁護しているが、そこに明確な基準を明文化できない限り主観的であることには変わらないし、そもそも番組中に「ミキが好きだ」「ミキ頑張って」と言いまくっていたので信憑性が低い。

 

実際、他の審査員は(明言を避けボケで返していた松本は除き)オーディエンスのテンションの上がり方や、漫才の構成における笑いのバランスなどを論理的に説明するのに対し、上沼は論理的な説明があまりできておらず、何なら「私は好きじゃなかった」しか言わない場面もあった。

確かに非専門的な上、感情的でそれなら視聴者投票の方がマシ、となる気持ちもわかる。

 

にも関わらず、とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が上沼を批判した際に、それが炎上し、上沼を擁護する声が急に増えた。

 

これには勿論、元から擁護派の人や本当に上沼が審査員を辞めてしまったことに、クラスでからかっていた子が不登校になった様な罪悪感を感じた人もいる様だが、どうやらツイッターなどをみると、上沼を批判していた層とも擁護していた層とも違う層が多数を占めているようだ。

 

と、いうのもどうやら批判動画の中に上沼を更年期障害呼ばわりする場面があり、そこに(そういうことにうるさい)女性が上沼擁護派に回っているようだ。

であるため、批判内容も「大先輩であり点数をつけてくれた恩人(?)である上沼に反抗するとは何様だ」とか「更年期障害を悪くいうな」(っていうか年齢的に違くない?)みたいな内容が多数を占めており…それで……本来正しかった「上沼の採点はM-1にそぐわない」っていう文脈が……そーいう人たちの手によって……

 

わーーーーーーーーー

 

これ以上書くと変な人に絡まれるので辞めます。

 

あいつら何なの?何でネットの辺境地にまで目を光らせてんの?「更年期障害」でエゴサでもしてんの?

そういうとこだぞ