喋らないで講義中

消えたり現れたりする星の瞬きのようなブログ

死なないで思い出は何がしたいの?

最近動かしてるツイッターアカウント『死なないで思い出(@qzxagc)』について「なんのつもりで運用してるの?」という声を頂いている。嘘、そんなものは頂いていない。

しかし、自撮り載せたり、ネタツイしたり、病みツイしたり、ボイス投稿したり、ヘビ捕まえに行ったり、植物育てたり、優しい自撮り女性アカウントの囲いやったり、活動に一貫性がないのも真実なので、ここはひとつ、こんな記事まで目を通してくれた俺のファンのために、はっきり俺の境遇をお話ししよう。

まずこのアカウント、本当はネタ系Vtuber配信用アカウントだった。なんか設備を整えてくうちにVtuberが廃れてきたからそれを機にやめた。

その後、病み垢にしようと思ったら、病み垢の人って「構って欲しいという旨の文言と沢山のハッシュタグ、自身となんら関わりのない拾い絵」を投稿する習慣があるらしく、とっても嫌だったので病みツイをしながら自身の顔を晒す、病み自撮り垢になった。

そのため、Vtuber準備期間にフォローしてくれた人と病み垢としてフォローしてくれた人の2種類、あと他のちょっとしたツイートでフォローしてくれた人がおり彼らの需要に応えてるうちにキャラがぶれてきた。

 

もともと使ってたアカウントは、オタク垢と本垢以外は「ない雑学を言い続けるBOT」とかレスバを仕掛けて論破するためのアカウント(3つ)などゴミカスなのであんまり使わない。滅茶苦茶酷いのは「生理辛い」ってツイートした人に「私のように子宮の病気でもう一生生理が来ない人もいます。そんなに辛いなら私たちにください」と絡みに行く最悪の嘘のアカウント、筋肉少女帯のファンのフリをしているアカウント、人気アニメの名ゼリフと一緒にゆっくり虐待の画像を投稿するアカウントなどがあった。当時はいまより頭がおかしかった。

 

というわけで結論としては「俺をフォローしてくれた時期によって、俺に求めているツイートが違うから混乱中」です!!

死ねーーーーーーーーーーーー(決め台詞)

 

 

余談ですが最初方はの「メラニー法」という女性的な声を出すことで、女性として運用していました。

 

性か死か

私はある時期を境に性欲がなくなった。というかなくした。その原因や方法についてはかなり詳しい説明が必要になるが、原理的にはホルモンバランスをぐっちゃぐちゃにして男性ホルモンのの値を極端に低くしている。というかそうなった。

常に鼻の下を伸ばしている馬鹿男どもよりも崇高な存在になれたことに後悔はない。しかしその弊害はかなり大きかった。

気分の下降が激しくなったのである。肉体面の異常もいくらかあるが、ホルモンバランスの乱れから来るダウナー、所謂「病み」が一番やばい。原理的には常に女性の生理と同じ状態なのだから不便ったらない。

急に泣いたり、ちょっとしたことにとてつもなく腹を立てたり、最近ついに不眠とパニック障害を併発し、深夜に悲鳴をあげながら過呼吸を起こしていた。人として終わってる。

実は対策はとっても簡単である。それは性的な行為を行うこと。性交や自慰(分かりやすく書くとセックスとオナニーだゾ♡)アダルトコンテンツを目にするなどの、男性ホルモン値を上昇させる行為ですぐに症状は改善する。

だがどうだろう。せっかく性の奴隷から解放されたのに性によって感情が操作されては元の木阿弥ではないか。

あいつらのように下心で女性に近づき、恋愛教本などで得たテクニックで女性と仲良くなり、自身の身勝手な性のはけ口にするような奴らと同じになるくらいなら僕は死ぬ。

ふと挨拶をしたときも、普通に話すときも、喧嘩をしているときでさえ、相手が女性であれば、性に関する事柄に支配されているあいつらと同類になるくらいなら俺は死ぬからな。